Topics
ブログ・コラム

重量物の移動方法について解説

query_builder 2022/11/01
コラム
43
重量物を移動するには、人の手では限界があるため機械や道具を使用して行わなければなりません。
どこからが重量物となるのか難しいところでもあります。
そこで今回は重量物の移動について紹介していきますので、是非参考にしてください。

▼重量物とは
人によって「重たい」の定義は異なりますが、業務上取り扱う重量物は労働基準法によって定められています。
18歳以上の男性が道具を使用せずに取り扱えるのが55キロまで、女性は継続作業で20キロ未満・継続作業なしで30キロまでとなっております。
男性の場合は、55キロを超えると重量物となるでしょう。

▼重量物を移動方法について
重たいものを近場に運ぶ場合は、台車などを使用する場合が大半ではないでしょうか。
自走式のタイプである、ハンドパレットなどは倉庫などの業務で活用されています。
台車など小さい移動式のものでは、移動できないような機械などの部品は数百キロを超えるものもあるでしょう。
その場合は、フォークリフト・ユニック車・クレーン車などを使用する場合が大半です。
重量物に特化した機械などは多くの種類があるので、工場や倉庫でも安心できます。

▼まとめ
重量物は男性の場合55キロを超えると、台車や機械を使用して移動を行わなければなりません。
また、女性の場合は継続作業で20キロ未満・継続なしで30キロまでとなっております。
台車で運べるもの以外にも、フォークリフトなどがあれば大きなものを移動することもできます。
弊社では、広島市を起点に運送会社を運営しております。
オーダーメイドの運送サービスの提供を得意としておりますので、お困りの際は是非一度お問い合わせください。

NEW

  • ユニットバスの現場搬入輸送はシープカーゴへ

    query_builder 2022/07/05
  • 小ロット配送とは

    query_builder 2023/01/03
  • ラッシングベルトとは?固定方法や注意点を解説

    query_builder 2022/12/01

CATEGORY

ARCHIVE