Topics
ブログ・コラム

割れ物を引っ越し時に割らない梱包のコツとは

query_builder 2022/04/22
コラム
28
引っ越しを控えている方は、割れ物の梱包はどうすればいいのか気になっているのではないでしょうか。
実は、ちょっとしたコツで割れ物が割れてしまうリスクを下げられます。
そこでこの記事では、割れ物を引っ越しで割ってしまわない梱包のコツを紹介していきます。

▼割れ物を引っ越し時に割らない梱包のコツ
■割れ物は1個ずつ包む
引っ越しで割れ物を割らないコツは、1個ずつ丁寧に新聞紙などで包むことです。
「これくらいなら大丈夫」と、食器などを2~3枚一緒に包む方がいます。
しかし、割れ物はちょっとした衝撃で欠けたり割れたりするものと認識してください。
そのため、割れるものは1個ずつ丁寧に新聞紙や緩衝材などで包んでいきます。

もし大切なものであれば、それだけを2重3重に緩衝材を巻くようにしましょう。
業者の方は、荷物の扱い方の教育を受けているので丁寧に運んでくれます。
しかし、運搬時に悪路などを走ることがあれば、荷物に衝撃が加わることもあるでしょう。
そのようなことがあっても、割れないように対策しておくのがベストです。

■ダンボールには「われもの注意」のシールを貼る
ダンボールに「われもの注意」のシールを貼るのも効果的です。
トラックで荷物を運ぶ時は、どうしてもダンボールを積んでいきます。
その際「われもの注意」のシールが貼られていれば、上に荷物を積まないなどの対策ができます。
もちろんシールを貼っておけば、自分自身も割れ物が入っているダンボールを一目で判断が可能です。
シールがなければ、ダンボールの上や側面にハッキリとわかるようにペンで書くようにしましょう。

▼まとめ
割れ物を引っ越し時に割らないコツは、1個ずつ丁寧に梱包し、どのダンボールに入っているのか一目でわかるようにすることです。
ちょっとした事ですが、これで割れ物を割ってしまうリスクを大きく下げられます。
弊社は小企業ゆえの柔軟性を活かした輸送サービスを強みとしております。
割れ物をどこよりも丁寧に運搬いたしますので、引っ越しを予定している方はお気軽にご相談ください。

NEW

  • ユニットバスの現場搬入輸送はシープカーゴへ

    query_builder 2022/07/05
  • 軽貨物の運送とは?一般貨物との違いについても解説

    query_builder 2022/08/15
  • パレットの積み降ろしとは?コツも紹介

    query_builder 2022/08/01

CATEGORY

ARCHIVE